冨田歯科 板橋区高島平の歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科は当院へ
高島平駅徒歩3分
冨田歯科
ホワイトニング・インプラント
患者さんの気持ちがわかる歯医者
冨田歯科 板橋区高島平の歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科は当院へ
冨田歯科 板橋区高島平の歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科は当院へ
冨田歯科 板橋区高島平の歯科・インプラント・ホワイトニング・審美歯科は当院へ
患者さんの気持ちがわかる歯医者です患者さんの気持ちがわかる歯医者です
高島平駅徒歩3分
冨田歯科
ホワイトニング・インプラント
患者さんの気持ちがわかる歯医者
患者さんの気持ちがわかる歯医者です患者さんの気持ちがわかる歯医者です
患者さんの気持ちがわかる歯医者です患者さんの気持ちがわかる歯医者です
患者さんの気持ちがわかる歯医者です患者さんの気持ちがわかる歯医者です

お知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冨田歯科3つの特長

患者さんの気持ちがわかる歯医者です

患者さんの気持ちがわかる歯医者です

院長自身も過去に歯が悪かったため、患者さんの立場に立って痛みだけでなく、かかる費用や治療期間などご負担を軽減できるような提案型の治療を行っています。

一回10~15分以内の治療を目指します

一回10~15分以内の治療を目指します

お忙しい方のために、痛みに弱い方のために、高齢の方のお身体ご負担軽減ために、的を絞って出来るだけ1回の治療時間が短く済むようにしています。

最新の設備・技術を導入しています

最新の設備・技術を導入しています

レントゲンや、撮ったその場で見れる診療台についたPCモニター。「痛くない」「熱くない」オフィスホワイトニングの施術など常に最新の設備と最新の技術をもって治療を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

院長紹介

院長 冨田春夫

院長 冨田春夫

プロフィール

昭和25年
東京都で生まれる
昭和50年
神奈川歯科大学 歯学部 卒業
昭和58年
冨田歯科 開業
趣味
ゴルフ、スキー(若いころ)
愛読書
これというものはありませんが、選り好みせず何でも読みます。

歯と健康を守るパートナーとして

院長 冨田春夫

高島平に開業して長年になりますが、ふとしたきっかけで当院を知って 来院される患者さんから、昔から長年通って頂いている患者さんなど、様々な方を診させていただいています。昔からの患者さんはそのお子さん、さらにお孫さんまで診ることもあります。そういった患者さんに恵まれ、思うのは「ずっと当院に通っていただきたい」という点ですね。ずっと当院に通ってくれていることで、患者さんを診てきたカルテは全て当院にあるわけです。そのカルテを元に、今後どういった症状になりやすいか等の傾向も予測できますし、なにより診療がスムーズにいきやすいです。それは患者さんにとっても良い治療ができますし、当院のコンセプトのひとつである、「10分~15分の診療時間」で治療を行えるひとつの要因でもあります。もし、大きな診療所に通っていた場合はこうは行かないと思います。カルテはもちろん保存されていますが、ずっと通っていても担当医が変わることがあるのです。私は患者さんにとって医師は「患者さんと共に、歯と健康を守っていくパートナー」だと考えております。そのパートナーが、ころころと変わってしまっては患者さんも信頼が出来ないと思います。当院では私が全ての患者さんを診ております。歯の性質もそうですし、何より患者さんの性格やご要望なども記憶していますので、長く安心して通い続けていただいています。

歯科医師はサービス業

患者さんの気持ちがわかる歯医者です

これだけ歯科医院が乱立している昨今なのでよく言われていることかもしれませんが、私は昔から歯科医師はサービス業だと思っております。その思いもあり、患者さんのご要望は最大限に聞き、応えられるよう心がけております。
何より「自分の歯を残すこと」は将来の生きがいにもつながりますし、よっぽどの重症の歯周病患者さんで、どこの医院に行ってももう抜かなければならないような症状でも、その歯を残すためにでき得る限りを尽くします

当院のすべてを知ってもらいたい

患者さんの気持ちがわかる歯医者です

患者さんと歯科医師とはやはり相性はあると思います。私も患者さんと治療方針について口喧嘩をしたこともあります(笑)
ただ、理念として変わらないのは「患者さんにとって良い治療を行うこと」です。開業して30年近くになりますが、患者さんご自身でレントゲンや口の中の写真をすぐ確認できるなど、最新の機器を備えてあります。衛生管理にも力を入れており、ウイルスなどを除去する空気清浄機や、治療ユニットには他の医院にあまり導入されていない口腔外バキュームもあります。口腔外バキュームがどういったものかと言うと、歯を削るとき、歯石を取るときには細菌や歯の削りカス、水・だ液・血液等が細かい塵となって、顔のまわりに飛び散っています。私やスタッフはマスクをしているので良いですが、患者さんはそれを吸い込んでしまっているのです。口腔外バキュームは、そんな塵を吸い取ってくれる大変衛生的な機器です。院内には空気清浄装置も取付け、ウイルス・細菌・花粉等を除去して、清潔で安心できるクリーンな環境をつくっています。口の中を治す歯科医院は、その院内環境も安心・安全であるよう工夫する。それが大事な事だと考えております。

これからの冨田歯科

院長 冨田春夫

今までもこれからもそうですが、私が診察している患者さんの歯は一本も無くしたくない!という思いがあります。もちろん、入れ歯になってしまった患者さんにも、保険内で出来るだけ良い治療を行なっております。
今後はこれまでの経験を活かし、「こんな歯医者さんに出会えてよかった」と思われる治療を続けていきたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診療案内

一般歯科

一般歯科

一般歯科ではおもに虫歯治療を行っています。虫歯治療によって歯の機能を回復できますが、どんなに高度な技術を持ってしても、天然歯に勝ることはありません。そのため当院ではできるだけ天然歯を残せるよう、なるべく抜かない虫歯治療を行っています。もちろん痛みを最小限に抑えた治療を心掛けていますので、安心してお任せください。
また、当院では治療はもとより予防にも注力しています。自分の歯を長期にわたって安定させるため、保険診療・自費診療問わずしっかりとした基礎治療を行い、その後は正しいセルフケアの指導と定期検診での予防処置により、治療後の健康維持をサポートしていきます。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病の原因は、プラークに棲む歯周病菌。プラークは放っておくと石灰化し、歯石となって歯の根元などにこびり付きます。
さらに歯石を放っておくと歯周病菌が繁殖し、歯と歯ぐきの間「歯周ポケット」が深くなり、歯周組織に炎症を起こします。これが歯周病です。
歯周病は初期での自覚症状が少ないため、症状に気付いた時には既に病状が悪化していることがほとんど。進行すると顎の骨が溶け、最後には歯が抜け落ちてしまう怖い病気のため、注意が必要です。

ホワイトニング

ホワイトニング

ライフスタイルで選べる、2つの治療法

ホワイト二ング

自宅で好きな時間に行える「ホームホワイトニング」と、歯科医院で先生が行う「オフィスホワイトニング」の2つのタイプがあります。

オフィスホワイトニングの流れ

食事制限なし!歯が丈夫になる!最新オフィスホワイトニング

  • 歯の表面の汚れをクリーニングします。
  • 歯にホワイトニング剤を丁寧に塗ります。
  • 歯全体に専用ライトを10分間当てます。
  • 効果が済んだホワイトニング剤を取った後、うがいをします。
    ※2~4を2・3回行います
  • 歯にAERICA(エリカ)クリームを塗ってホワイトニング持続効果を高めます。

よくあるご質問

3度ホワイトニングを重ねると半年~1年ぐらいの効果が持ちます。
※個人差や普段の食生活も関係します。歯に優しいホワイトニング剤を使用。ナノサイズのアパタイトが歯質を強化します。痛みの少ない・しみにくい施術方法で安心してホワイトニングしていただけます。

1度で白くするのはホワイトニング剤やライトが強く、痛みや炎症を伴います。2~3度通う事によって理想的で自然な白さになります。お客様の不快感を軽減した、心地良いWhite-coolホワイトニングはホワイトニング後の食事制限もありません。
ホワイトニング

オフィスホワイトニング後のご自宅でのケアとしてAERICAのご使用をお勧めいたします。AERICAホワイトニングクリームは歯の表面の傷を修復し虫歯になりにくい丈夫な歯に導きます。

入歯・インプラント

義歯(入れ歯)の種類

  • 保険でできる入れ歯
    保険でできる入れ歯
    レジン床

    プラスチックでできた入れ歯で保険が適用されるので経済的です。
    しかし、保険診療では材質、形態などに制限があり、自費診療のものより床が厚くなり、 破損しやすいなどのデメリットがあります。

  • 自費でできる入れ歯
    自費でできる入れ歯
    コンフォート(噛みしめても痛くない入れ歯)

    コンフォートとは、入れ歯の肌に当たる部分を生体用シリコーンというクッション材で覆う特殊加工技術です。新しく入れ歯をつくられる場合や、今ご利用の入れ歯に加工することができます。生体用シリコーンによって、入れ歯のクッション性と密閉性を大幅に向上させることで、「痛い」「噛めない」「はずれやすい」という従来の入れ歯の常識を覆しました。

  • 金属のバネのない入れ歯

    従来の義歯は安定の為の金属維持装置(クラスプ、バネ)が必要でした。金属のバネのない入れ歯は下記写真の様に見える所にバネが必要ありません。

    金属のバネのない入れ歯

    審美性の向上、異物感の激減、薄くて軽く、汚れ・匂いがつきにくく、ノンアレルギー素材でもあります。弾力性があるため装着感、適合性に優れ、年齢や性別に関係なく多くの患者さんから喜ばれ、快適な食生活はもちろん、社会生活を楽しく過ごされています。他にも患者様にご要望に合わせて取り扱っております。 詳しくはお問い合わせください。

インプラント治療

AQBインプラント植立手術

AQBインプラント植立手術
  • 治療期間の短縮

    インプラント植立時の初期固定、補綴までの期間、また予後の経過などはインプラント治療における根幹部分です。 歯根部の再結晶化、HAコーティングによる早期の骨結合、支台部の表面研磨と歯肉接着生体高親和性処理による歯肉との高い生体親和性の実現は、補綴物装着までの期間を大幅に短縮、早期に安定した咬合回復が可能です。また、AQB1ピースタイプはオペが1回で完了するため、2回法に比べ、治療期間のみならず患者さんの精神的な負担も軽減します。

  • AQBインプラントの特性
    AQBインプラントの特性

Q&A

1965年に初めて埋め込まれたインプラントが現在も義歯を支える働きを果たしていることから、長期間にわたって良好に機能することが期待できます。
ただし、衛生状態が良くないと反対に寿命が短くなることも考えられます。

患者さんご自身のブラッシングと、定期健診のときの徹底的なプロのプラークの除去を行います。

定期健診だけです。特別なアフターケアは必要ありません。

必要ありません。

残念ながら次の方は治療を受けることができません。

あごの成長が終わっていない、概ね16歳以下の方
歯磨きなどの日常の手入れが出来ない方
アルコール依存症の方
医師との協調が得られない、精神的に問題のある方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ移動